ホーム > ファミリーサポートセンター > ご利用の流れ

ファミリーサポートセンター

ご利用の流れ

famisapo_image

【1】センターに援助の依頼
1.「依頼会員」は、援助の必要な日にちと時間、内容等をファミリーサポートセンターに電話でご連絡ください。

flow

【2】提供会員へ連絡
1.センターは、依頼の内容に合う「提供会員」を探して連絡します。
2.連絡を受けた「提供会員」は、依頼内容の条件が合えば援助を承諾します。
※援助を依頼しても、引き受けてくれる「提供会員」が見つからないこともあります。「提供会員」も都合が合わなければ、遠慮なくその旨をお伝えください。

flow

【3】事前打ち合わせ
1.「提供会員」から「依頼会員」へ連絡をして、事前打ち合わせの日程調整をします。
2.「提供会員」と「依頼会員」は事前打ち合わせを行います。「依頼会員」は援助を必要とするお子さんと一緒に顔合わせをしましょう。
3.事前打ち合わせでは、お子さんの様子や具体的な援助内容、時間、支払方法、連絡方法などくわしく話し合ってください。お願いしたいこと、聞いておきたいこと、心配なことについてもお互いに話し合っておきましょう。

flow

【4】援助活動
1.事前打ち合わせのとおりに行ってください。特に約束の時間は必ず守るようにしてください。
2.キャンセルの場合は、速やかに「提供会員」とセンターに連絡してください。
3.援助活動は、原則として「提供会員」の自宅で行います。事情により「依頼会員」の自宅で預かることも可能です。
4.土曜日・日曜日、祝日、早朝、夜間(原則午後10時まで)も可能ですが、宿泊は行いません。

flow

【5】援助活動修了後
1.「依頼会員」は、決められた報酬とその他の経費を「提供会員」に直接支払います。
2.「提供会員」は、「活動報告書(3枚複写)」を作成し、双方の確認印を押して3枚目をセンターへ提出します。

 

センターからのお願い

1.ファミリーサポートセンターの活動は、会員同士の信頼関係のもとに成り立つもので、ベビーシッター制度ではありません。趣旨を理解し、決まりを守りましょう。
2.約束した時間や援助内容をきちんと守り、また、活動で知り得た個人情報を他に漏らしてはいけません。お互いのプライバシーを必ず守りましょう。
3.事前打ち合わせで子育ての方針などをよく話し合い、相互理解に努めましょう。
4.事前打ち合わせした依頼内容以外の活動はしないでください。家事などの依頼を行うことはできません。
5.定期的に開催される交流会に参加し、親睦を深めることなどにより、信頼関係を深めるように努めましょう。
6.センターへ連絡なしに会員同士で援助活動を行わないでください。連絡のない援助活動は補償保険適用外です。
7.報酬を支払う時は、子どもの前でむき出しでお金のやりとりをしないよう気をつけてください。
8.活動中に事故が生じた場合は、適切な処置をし、速やかに「依頼会員」とセンターに連絡してください。

山陽小野田市ファミリーサポートセンター 〒756-8601 山陽小野田市日の出1丁目1番1号
山陽小野田市役所 こども福祉課内
TEL兼FAX: 0836-82-1212
E-mail: kodomo@city.sanyo-onoda.lg.jp

スマホアプリ

アプリアイコン

アプリがインストールされたスマートフォンにプッシュ通知を行って、タイムリーな情報発信を行っています。

さんようおのだっこメールマガジン

子育て情報をメールでお送りいたします。
ご希望の方は、こちらにメールアドレスを入力すると登録できます。

≫ メールマガジン登録について(登録・配信停止)

さんようおのだ子育てナビ