ホーム > 子育てコンシェルジュ > 子育てコンシェルジュ出張日記【8/18 小野田保健センター】

子育てコンシェルジュ

子育てコンシェルジュ出張日記【8/18 小野田保健センター】

 母推さん よろしく 
ママ達頑張ってお勉強!!  
ぼく達がんばってお留守番!(^^)!

 小野田保健センター「育児学級」を訪問しました。小児科医師の講話「子どもの病気とその予防~予防接種を中心に~」、歯科指導実技、座談会、個別相談、身体測定と盛りだくさんのメニューです。

 かわいい乳児とママさん20組の参加です。祖母の応援もありました。今日の20組は少ない方ですが、マットに並んだ子ども達を見ると「こんなにかわいい」と思わず声が出ます。又、みな同じに見えますが3~6か月児が対象です。

 かわいい我が子を母推さんに託し、ママはS医師の講話を聞きに一階に(中には後ろ髪を引かれつつ)「お任せください、我々母推に」「泣き方で判断し、ママをお呼びしますので、安心してお勉強にどうぞ。」「よろしくお願いします。」

 S医師は予防接種から始まって詳しくお話をされ、その中で下痢嘔吐のお話を「少し吐いているからと直ぐに水分を与えなくてもいい。」「下痢の場合はどんどん出すように。」「アクエリアスやポカリスエットは糖分が多い。OS1が出ている。」「嘔吐の理由は飲み過ぎが多い。」また、便の色、細菌の話など小児医師として子育て家族に参考になるお話をされました。
 育児学級本当にお勧めです。今からのママ、はがきが届いたら、体調等良ければ是非参加されたらいいなと思いました。

さて、ぼく達お留守番メンバーの中には、どうしてもママが恋しく涙が出るお友達がいます。母推さんが保健師さんに連絡、そうするとママがやって来てくれます。ママに抱っこされると大泣きしていたのに「ピタッ」と泣き止むのです。
やっぱりママが一番♥ママの特権ですね。

 

 小児科S医師の講話の後は保健師さんによる歯科指導です。S保健師の説得力のあるお話終了後は談話の始まりです。月齢が同じ子ども達が集まっているので、ママ達の話も盛り上がります。共感し、納得安心されることもあり、ママ達に笑い声が聞かれ、楽しく和やかでほっとする空間でした。

 コンシェルジュ時間は、チラシをお配りしPRとブックスタートのお話から絵本の読み聞かせが胎教によいこと、また、ママが読まれて楽しくなったりされることが全部子ども達に影響していることもお話しました。
※耳はちゃんと聞こえており、目も見えていますよ、全部心に入っていきます。
これから、少しずつ心に残っていき、そして・・・花咲きますよ。お楽しみに
                  

スマホアプリ

アプリアイコン

アプリがインストールされたスマートフォンにプッシュ通知を行って、タイムリーな情報発信を行っています。

さんようおのだっこメールマガジン

子育て情報をメールでお送りいたします。
ご希望の方は、こちらにメールアドレスを入力すると登録できます。

≫ メールマガジン登録について(登録・配信停止)

さんようおのだ子育てナビ