ホーム > 子育てコンシェルジュ > 子育てコンシェルジュ出張日記【10/13 小野田保健センター 1歳6か月児健診】

子育てコンシェルジュ

子育てコンシェルジュ出張日記【10/13 小野田保健センター 1歳6か月児健診】

おおきくなってる?
ドキドキするけど へ・い・き
クリアすること たくさんあるよ

 

 小野田保健センター「1歳6か月児健診」を訪問しました。
 今日もたくさんの子ども達とママがやって来られました。数名のパパとお兄ちゃんの姿も見えます。
保健センターの方が近いけれど体調のよい時にと埴生地区から来られた方もいらっしゃいました。

 スタートは身長・体重・頭囲に胸囲の測定です。物心ついて計測器に乗せられたり、寝転ばされたり、もう何をされるのか「ドキドキ」です。「こわ~い」「泣こうかな」「仲間はいるし」「ううん!平気!平気!」保健師さんとお手伝いの母子健康推進員さんの連携&早業で測定完了です。
 2階の受付&測定・問診のお部屋は畳になっており、絵本の読み聞かせやママ&パパと子ども達のふれあいのお部屋に早変わりです。



 いつものように長い待ち時間が子ども達にとっては「ヤッター!ママを独り占めできる」・・のようです。この時間はママも何もできません。我が子にしっかり関わることができます。皆さん上手に使っていらっしゃいます。
 また、この時間がママ同士の情報交換等のおしゃべりタイムにもなっています。畳の効果があります。ゆったり腰を下ろし子ども達の動きを目で追い見守りの中での有意義な時間も流れています。

 歯科健診のお部屋に入らせて頂きました。お友達は先生の言われる通りお口を「あ~ん」と開けて診察を。「おめでとう」虫歯0でした。よかったですね😊
ママが先生に気になっていたことを質問されました。
歯磨き粉はつけた方がいいですか?
→使わなくていいです。
フッ素はした方がいいですか?
→フッ素をしたからと虫歯に絶対ならないということではありません。でも虫歯になっていない時から歯医者に関わっていた方が色々なことでいいですよ。色々なことで早い方がいいですね。
やさしくアドバイスがあり、掲載は一部ですが詳しくお話しされていました。参考にされてくださいね。

 さて、1歳半のお友達は自分で「したい」、「できる」という思いがどんどん強くなってきています。自分の思い通りにならないと、時に泣いたり、ひっくり返ったりママを困らせます。が、今の本当の姿です。理想ですが、思いを受け止めるために、しっかり抱きしめてあげてくださいね。落ち着きますよ。
 「自分が・自分での時期到来か」と受け止めてあげてください・・よろしく

スマホアプリ

アプリアイコン

アプリがインストールされたスマートフォンにプッシュ通知を行って、タイムリーな情報発信を行っています。

さんようおのだっこメールマガジン

子育て情報をメールでお送りいたします。
ご希望の方は、こちらにメールアドレスを入力すると登録できます。

≫ メールマガジン登録について(登録・配信停止)

さんようおのだ子育てナビ